アストラル八幡クリニック

アストラル八幡クリニック
市川市八幡 の 整形外科,点滴療法(がん治療),漢方皮膚科,アンチエイジング,内科,アレルギー科

〒272-0021 千葉県市川市八幡3-27-5 正栄ビル1F
TEL 047-329-1055

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

トップページ»  コラム»  院長コラム»  《チリの国歌》 考

《チリの国歌》 考

《チリの国歌》 考

 最近「国歌」というものに改めて興味を持っています。
きっかけは、もう何回も前の時のワールドカップの時から、試合前の国歌斉唱がとても印象的だったのですが・・、そのシーンの中で、最も盛り上がっていたのが、チリの国歌だったのです。
その最も印象的だったのは、1998年のフランス大会の時でしたか、チリの試合の時に、(サモラーノ(確かキャプテン)、サラス、という、いわゆるサ・サ・コンビなる人たちがいて、)で、国歌斉唱のとき、このチリの国歌というのが、メロディもいいんですが、とにかく盛り上がる曲で、サモラーノとかの選手も真剣に歌うんだけど、観客席のチリの応援団の人たちも必死になって歌う・・・、という感じで、やはりメいっぱい盛り上がっていたのでした。

 で、そのチリの国歌の最後の盛り上がり部分の歌詞ですが、

el asilo contra la opresion 
(エル・アスィーロ・コントラ・ラ・オプレッスィオン)
圧迫に対する避難所 (となるであろうことを)

というのがあります。el は定冠詞 asilo は避難所 contra は~に対する la も定冠詞 opresion は圧迫、圧政

 ということなんですが、まあ国歌ですので、独立した時の気運とか、が歌われていると思うんですが、最近この歌に関して、もう一件ちょっと印象的な事件がありました。
 というのは、最近、チリで落盤事故があり、地下の深いシェルターに30人位の人たちが閉じ込められる、という事故がありました。
で、その後は無事が確認され、その中の様子を写したビデオ映像もニュースで流されたのですが、その落盤事故が起こった直後で、まだ中の人たちの安否がよく分からない、という状況の時に、細い管を通して、中の人たちが無事である、ということを知らせる音声として、その中の人たちがチリの国歌を歌っている、という音声が流されたのですが、その時の歌の部分がちょうどこの最後のところの
 el asilo contra la opresion
というところで、まあ不思議な符合みたいなことで、ちょうど、事故の落盤から身を守ってくれる避難所、という状況で、たぶんこのニュースの部分を見た同国の人々はそのことを思った・・かどうかは分かりませんが、とにかくその人たちが無事に元気で救出されることを祈りたいと思います。

 国歌とはさすがにその国を代表する曲だけあって、美しいメロディのものが多く、そしてまた元気付けられるようなものが多いのです。
ちなみにこのサッカーの時のチリの国歌斉唱の部分を見ようと思えば、YouTubeで、国歌 チリ で調べると上位のほうに、さらに「を歌うサモラーノ」として出てきます。

2015-01-08 15:38:14

院長コラム