アストラル八幡クリニック

アストラル八幡クリニック
市川市八幡 の 整形外科,点滴療法(がん治療),漢方皮膚科,アンチエイジング,内科,アレルギー科

〒272-0021 千葉県市川市八幡3-27-5 正栄ビル1F
TEL 047-329-1055

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

トップページ»  コラム»  院長コラム»  とある最強の武術との久々の邂逅

とある最強の武術との久々の邂逅

とある最強の武術との久々の邂逅

 先日、当クリニックの外来に、我が“こくしゅ塾”グループの中の、小岩のフラワーロード接骨院から、ある患者さんが紹介されて来られました。
その人は空手の練習(組手)中に、指を傷めた、ということでした。で、外来に来られたそのスーツ姿の人の襟のところに、ひときわ輝く“バッジ”が・・・。『スーツの襟にバッジって…、国会議員関係の人?警察関係の人?それともその他の関係の人・・?』と、チラッと思いました。
 で、その人の手に巻かれていた包帯をほどきながら、そのバッジをよく見てみると、どこかで(記憶の中で)非常―に見た覚えのある《徳》の字が輝いているではありませんか・・・。
ななな何と・・・!! そこで私は尋ねました。「徳晋会の方ですか?」 と。

 その徳晋会(とくしんかい)とは、筆者(院長)が20年ほど前に、中国医学を学ぶために中国に行ってみたその前に、少しの間だけ所属して、武術を練習したことのある、“実戦”中国武術(と表現して差し支えないと思いますが)だったのです。
実はそれを始めた時、私は空手とか全くの素人で、その徳晋会の「日本伝柔拳道」も、太極拳の一種か、と思って始めたのでした。
まあ、武術の本とかの紹介でも、「気で戦うムエタイ」とかの表現がなされていたのですが・・・。
その武術は、気を練るために太極拳とか気功も確かに練習するのですが、本番は、手の甲にスポンジ的なガードというのかそういう簡単なものを着けただけで、フルコンタクトで行う空手のようなものだったのです! ヒエー・・・!と思いましたがすでに遅く、とりあえずやってみよう、ということで、しばらくやってみました。何せ素人だったので結構苦労しましたが・・・。
 その徳晋会の師範は、瀬戸敏雄先生という方で、何といいますか・・、つまりやはり一般ピープルとは全く違った感じの方で、とにかくその当時でも、最高の実戦中国拳法の使い手、と評されておられました。
その後更に≪頸力≫を磨かれて恐るべきことになっている・・というお噂は、武術界の方でも少し耳にいたしていましたが・・・。

 で、時は20年ほど流れ、久々にお目にかかりました、《徳》のマーク。
懐かしくもあり、(当時の(恐怖心)も少しあり・・・)、師範にその後不義理にしてしまっているのが申し訳なくもあり・・・。
とにかくその方に、瀬戸師範に宜しくお伝えください、とお願いしました。
 しかし、思うに、徳晋会のバッジをつけている人、というのも、日本の中でも(東京近郊ですが)非常に少ないでしょうに・・・、その人に当クリニックの外来で出会うというのも・・・、何といいますか・・、縁といいますか・・、潜在意識の世界ではやはり全てはどっか繋がってるのかな・・・とかと思ったのでした。

 師範、当時はお世話になりました。
これからもお元気で、更に日本に≪気の威力≫の世界、≪頸力≫の世界を広めてください!

2015-01-08 15:57:51

院長コラム