アストラル八幡クリニック

アストラル八幡クリニック
市川市八幡 の 整形外科,点滴療法(がん治療),漢方皮膚科,アンチエイジング,内科,アレルギー科

〒272-0021 千葉県市川市八幡3-27-5 正栄ビル1F
TEL 047-329-1055

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

トップページ»  コラム»  院長コラム»  第9回 肩こりの治療

第9回 肩こりの治療

第9回 肩こりの治療

 肩こりはなかなか厄介な症状です。
ご本人の姿勢、体の動作の時に力が入るクセ、時には精神的なものも関わっているようです。
筋肉の持続的な緊張により、血液の循環も悪くなっています。
 レントゲン写真では、肩こり~頚のこりの強い人では、本来前のほうに自然なカーブがあるべき頚椎が、まっすぐに~やや後ろのほうにカーブができていたりもします。
 肩こりから、主に後頭部からの頭痛になる人も多いですよね。

 頭痛の治療ですが、漢方、手技などがあります。
 漢方ですが、主に筋肉の緊張を和らげて、血液の循環を良くするようにします。
意外に思われるかもしれませんが、風邪によく使われる、葛根湯を用いることもあります。
 手技療法では、肩~頚部だけでなく、全身的に骨格を整えることもあります。
 これらの治療に加えて、私がお勧めしたいのは、局所の注射療法なのです。
これは、肩~頚部のツボとか、特に痛みの強いところに注射するものです。
注射薬としては、局所麻酔薬とか、プラセンタ、およびその他のものがあります。
鎮痛作用としては、麻酔薬がやはり最も速いようです。かなり楽になられる患者さんが多いのです。
なお、針は最も細いものを使っていますので、注射の痛みはそれほどではないようです。

2015-01-08 14:29:44

院長コラム